将来について考えたことありますか?

突然ですが、あなたは今、何歳ですか?
そして、何歳まで働きますか?
いきなりこのような質問をするにはわけがあります。

 

先週あたりからニュースなどで報道されているので知っている方も多いと思いますが、「年金」についてです。

 

金融庁が公的年金についてのある発表をしました。
年金の受給額の低下に備えて「国民は資産を運用して自助をする必要がある」と。

 

簡単に言うと、「自分の老後は自分でなんとかせい」ってこと。
これをシレっと言ってのけたわけです。

 

ここでいう年金というのは厚生年金についてなので、自営業者には関係ない・・・?

 

スモールスタジオ・マイクロジム経営者、フリーのインストラクター、パーソナルトレーナーであるこのブログの読者、法人と個人事業主(厚生年金と国民年金)どちらが多いかというと、おそらく個人事業主ですよね。

 

やっぱり関係ないか・・・?

 

たしかに今回の発表、直接は関係ないかもしれません。
でもね、国民年金っていくらもらえるか知ってます?

もちろん払った年数によりますが、平均55000円ですよ。
どうやって生活します?

 

いやいや無理でしょ。
どう考えたって。

 

ってことで、どちらにしろ「自分の老後は自分でなんとかせい」となるわけです。
あなたにはいくつかの選択肢があります。

 

・収入を増やしてその分を蓄える
収入を増やす方法を模索し、増えた分を運用したり蓄えたりする

・今から超超節約して老後に備える
とにかく質素に、平均以下の生活を送り、切り詰めて切り詰めて小銭を貯めておく

・海外移住
ずっと日本に住み続けなくてもいい時代だし

・なるようになる
仕事も生活も変えず、ダメだったら公的支援(生活保護)を受ける

ざっとこんな感じでしょうか。

 

将来のことって、なかなか考えにくい話です。
今はとりあえず生活できているわけですから。
でもね、みなさん確実に年を取るわけで、考えないといけない話。

 

そこで冒頭の質問に戻ります。
1.あなたは今、何歳ですか?
2.そして、何歳まで働きますか?

 

2から1を引いた年数で、死ぬまでのお金を稼ぐ必要があるということです。

 

ここで最大の問題が・・・
「どうやって?」ということです。

 

今から違う業界に転職しますか?
あなたに特別なスキルがあるならそれもいいでしょう。
しかし、転職して会社員になるにしても、先ほど書いた年金の問題もありますし、すでに「終身雇用は崩壊」しています。
そこを理解したうえで考えてください。

 

もし今のままフィットネス業界で生きていきたいですか?
それならばやることは2つだけ。

 

1.今の売り上げをもっともっと上げる
2.収入の柱をもう一つ作る
これしかありません。

 

そこで今回、この2つを同時にクリアするための無料講座を作りました。
もしあなたが、大好きなフィットネスの仕事で、お金に苦労することなく、楽しくやっていきたいのなら、今すぐ下のバナーから詳細ページを確認してください。

関連記事

  1. どうやっても目標の売り上げに届かない・・・。さて、どうする?…

  2. 2019年度経営計画・行動計画のワークショップを開催しました…

  3. なぜスタジオを構えたり、独立・起業しようとしたんですか?

  4. ほんの少し目先を変えるだけで差別化になる

  5. ヨガスタジオを手放したおかげでお客さんが大行列

  6. 生涯現役←無理じゃない?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。