生涯現役←無理じゃない?

私は、フリーインストラクターやパーソナルトレーナーに「いつまで現場に立ちますか?」という質問をします。
すると返ってくる答えは・・・

 

「あんまり考えてない」
「現場が好きだから、出来るだけ」
「強度を下げて出来るだけ長くやりたい」
「他の仕事やったことないし・・・」

こんな答えが返ってきます。

 

私自身、32歳から整体師をしてきました。
30代のうちは現場で相当がんばりました。
体力もありましたから、朝から晩まで施術をしていても平気でした。

 

しかし年齢には勝てません。
同じペースでの施術は無理。

 

この時点で考えなければいけなくなったのが、「いかに施術現場から離れるか」ということ。

 

私が考えた道は二つ。

 

一つ目は
スタッフを雇用し自分は現場を離れる

もちろんやりました。
でも、私にはそんな器量はありませんでした。

 

若いころからずっと一人でビジネスをやってきたので、スタッフの教育というのが苦手なのです。
ということで、早々にあきらめました。

 

二つ目は
肉体的負担の少ないビジネスをする

現在はこちらの形です。

 

・スタジオの経営
・キッズスクールの経営
・コンサルティング
どれも肉体的な負担は少ないです。

そして、少しの施術。
これはもはやライフワークに近いかもしれません。

 

インストラクターやトレーナーはどうする?

最近メルマガ読者の方からよくご相談いただきます。

 

・もう体力的にかなり厳しい
・収入が増えない
・将来が不安
・この業界しか知らないから転職は無理
・ずっとフリーでやってきたから、今さら雇われるのは無理

みなさん深刻ですが、誰にでも訪れます。

 

おそらく、みなさん頭では「生涯現役なんて無理」ってことは理解しているはず。
でも、何も準備はしていない・・・。

 

なぜなら、先日もお伝えした「私(俺)は大丈夫」っていう根拠のない自信があるから。
そして、「何とかなる」って思っているから。

 

残念ながら、準備をしなければ何ともなりません。
おそらく大半のフリーインストラクターやトレーナーが、望まない仕事に就かざるを得なくなります。

 

あなたは耐えられますか?
食べていくためにやりたくない仕事をしている自分に・・・。

 

そうならないためには、現場でがんばれているうちに「セカンドステージ」「セカンドキャリア」を考えておくべきです。
あなたはどんなステージ・キャリアで輝きたいですか?

 

もしあなたが、「将来のことについてヒントが欲しい」って思うなら、こちらのメルマガ(無料)を活用してください。

関連記事

  1. 将来について考えたことありますか?

  2. ノウハウやUSPは真似される

  3. スタジオやジム開業、トレーナーとして独立。「こんなはずじゃな…

  4. どうなる?2019年 あなたはどうなりたい??

  5. 目標なんていらない

  6. あなた自身やあなたのスタジオのウリってなんでしょう?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。