スタジオ・ジム経営者やトレーナーのための読んでもらえる文章術

お金をかけて作ったホームページ。
眠い目をこすりながら書いたブログ。
アクセスはそこそこあるのに、問い合わせにつながらない・・・。

 

なぜでしょう?

さまざまな要因が考えられますが、そのひとつに「いかにも読みにくそう」というものがあります。

 

では、読みやすい・伝わりやすい文章とはどういったものでしょう?
今日からすぐに出来るポイントを2つお伝えします。

 

1.短い文章で書く

例えば、
「当ジムのトレーニングは、十分に時間をかけたストレッチからはじまり、その後、有酸素運動(バイクやラン)をし、マシンを使ったトレーニング、最後に再び有酸素運動で脂肪の燃焼を促進をするのですが、個人の目的やステージ合わせたプログラムを提供しますので、無理なく続けることができます」

 

いかがですか?
読みにくいですよね。

 

では、これを読みやすくするとこうなります。

当ジムのトレーニングの流れ

ストレッチ

有酸素運動(バイクやラン)

マシントレーニング

有酸素運動(バイクやラン)

「あなたの目的やステージに合わせたプログラムを作成しますので、無理なく続けられます!」

 

これは、フローを矢印を使って説明した一例です。
非常にシンプルで読みやすい形ですし、それぞれに写真でも入っていたら、より良いですよね。

 

2.「あなた」を使う

すでにお気づきかと思いますが、上の文章でも「あなた」を使っています。
「みなさん」ではないのです。

 

あなたのHPやブログは複数に向けて発信していますが、読み手は一人なのです。
「みなさん」を「あなた」に変えるだけで、グッと親近感の出る文章になります。

 

せっかくお金と時間をかけて作るのですから、「読んでもらえる」「伝わる」文章を心がけましょう。

 

もしあなたが「絶対にスタジオ経営やパーソナルトレーナーとして成功したい」という強い思いがあるのなら、ぜひこのスタビズを活用し成果を上げてください。

今ならあなたのスタジオ経営に役立つレポートが無料で読めます。
「読んでみたい!」という方は、今すぐ下のバナーからどうぞ。

無料ダウンロードをされた方にだけ、ブログでは書けない、スモールスタジオ・マイクロジム経営のヒントがつまったメルマガをお届けします。
ぜひ、こちらも楽しみにしてください。

関連記事

  1. スタジオやジム経営でお金より大切なもの

  2. 体験から入会しなかったときの「ガッカリ」を無くす方法

  3. (昨日の続き)あるクライアントの話

  4. 生の声、聴いてますか?

  5. 会員さんやクライアントの感想で新規の反応は大きく変わる

  6. あなた自身やあなたのスタジオのウリってなんでしょう?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。