スタジオオープンストーリー⑤

正式オープンを4月1日に設定した。
しかし、建物の引き渡しは3月中旬頃。
したがって、プレオープン期間は一週間ほどとなった。

多くのインストラクターとの契約は4月1日付。
皆さんまだスケジュール通りに来れるわけがない。
そんな忙しい中、やりくりして体験レッスンを担当してもらった。

 

プレオープン期間と4月は体験料を非常に安くしたり、入会のキャンペーンをした。
そのため、それなりにいっぱいになるレッスンもあった。
しかし、そこからの入会率が異常に悪い。
そう、「ただのお試し」「冷やかし」「安いから来ている」という人が想像以上に多かったのだ。
(もちろん、この時期から来てご入会いただき、今でもしっかり通っている方もたくさんいる)

 

レッスンの内容が悪いわけではない。
内容が悪ければ、いくら安くても来るはずがない。
実際、安い期間は毎日のように来ていても、正規の金額になった途端ピタッと来なくなったのだ。

 

これはどんな業界でも同じ。
美容院、整体・整骨院、飲食店、サプリメント、エステ・・・
安いところ、キャンペーンをしているところを探し、そこにしか行かない層だ。

 

大手スポーツクラブが一年中キャンペーンをやるのは、ようは退会率が高いから、その分を常に補充しなくてはいけない。
穴の開いたバケツを空にしないようにドンドン水を足さなければいけない。
永遠に水がたまることはないが・・・。
とにかく数を集めなくてはいけないからやっている手法であって、スモールスタジオやマイクロジムが同じようなマーケティングをするべきではない。

 

とはいえ私たちも新規オープン。
まずは一定の数を集める必要があったからこの期間だけは辛抱した。
しかし、それ以降現在にいたるまで、入会キャンペーンの類は一切やっていない。
むしろ逆で、体験や入会のハードルはドンドン上げていった。

 

「スタビズとは?」のページ(https://school-cons.com/?page_id=14)でも書いてある通り、現在は、
・体験は1ヶ月待ち
・体験料金の値上げ
・体験料金は事前支払い
・フリー会員2万円
オープンから1年経たずして、ここまでハードルを上げた。

 

 

 

 

 

(知名度ゼロの業界ド素人が、わずか数ヶ月でここまで集客できていれば、我ながらなかなかのものであると思う)

それでも、いや、むしろ会員数は大幅に増えているし、単価も上がっている。
なにより、会員層がすばらしく良いのだ。

 

業界ド素人の外部参入がオープン数ヶ月で
・毎月の売り上げの心配がない
・右肩上がりの成長
・良い会員さんにだけに囲まれる
このようなスタジオ経営が出来ている。

 

これは偶然やマグレではない。
私たちが培ったマーケティングスキルを活かして経営している結果なのだ。

 

これからの時代、どんなに良いレッスンをしようが、どんなに良いインストラクターを集めようが、マーケティングスキルの無いスタジオやクラブは次々と淘汰される。
「一度来てもらえればうちの良さが分かってもらえるのに・・・」なんて幻想を抱いている間に、ライバルたちはあらゆる手段を講じてくる。

 

もしあなたが「絶対にスタジオ経営で成功したい」という強い思いがあるのなら、ぜひこのスタビズを活用し成果を上げてほしい。

今ならあなたのスタジオ経営に役立つレポートが無料で読めます。
「読んでみたい!」という方は、今すぐ下のバナーからどうぞ。

関連記事

  1. スモールスタジオ、マイクロジム、パーソナルトレーナーのコンサ…

  2. スタジオオープンストーリー①

  3. スタジオオープンストーリー③

  4. 生の声、聴いてますか?

  5. トレンド(流行)にあえて逆らうという選択

  6. スタジオを運営していく上で、急な代行って困るけど・・・

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。