顧客対応の重要性

さまざまなシーンでAIやIoTの導入が盛んになってきています。
フィットネス業界も例外ではありません。

 

健康状態やレッスンメニューの管理はもちろん、アプリや動画でのレッスンも当たり前になってきました。

時代の流れ?
技術の進歩??
利便性???
経費削減????
その導入の背景や目的もいろいろです。

 

この最近の流れを見ていて思うのですが、クラブ側の都合ばかりで物事を進めている気がします。
たしかに、もろもろの管理はしやすいかもしれません。

 

でも、「人」を相手にするビジネスで、そこにはいろいろな欲求や感情があるということ。
これを置き去りにしてるんではないかと。
そして、結果ビジネスチャンスを失っていることもあります。

 

うちのスタジオ、受付はアナログです。
紙の会員証で、予約も8割が来館した際や電話です。
(ネットからの予約はほんのわずかです)

 

バーコード付きの会員証やウェアラブルの端末をかざして「ピッ」なんてことはしていません。
たしかに、誰かが受付にいないといけないという手間は生じます。

 

しかし、ここでの何気ない会話から「回数アップ」するなんてことは日常茶飯事。
月に2回で入会された方が、4回⇒8回⇒フリーになるなんてこともあります。
(単価としては4倍です)

 

これは「人対人」だからできることです。
「ピッ」ではこんなことはないでしょう。

 

もちろん各スタジオやクラブの都合も分かります。
でも、だからこそコミュニケーションというのは大切にしないといけませんね。

もしあなたが「絶対にスタジオ経営やパーソナルトレーナーとして成功したい」という強い思いがあるのなら、ぜひこのスタビズを活用し成果を上げてください。

今ならあなたのスタジオ・ジム経営やトレーナー活動に役立つレポートが無料で読めます。
「読んでみたい!」という方は、今すぐ上のバナーからどうぞ。

無料ダウンロードをされた方にだけ、ブログでは書けない、スモールスタジオ・マイクロジム経営のヒントがつまったメルマガをお届けします。
ぜひ、こちらも楽しみにしてください。

関連記事

  1. スタジオやジムの会員やクライアントの継続について真剣に考えま…

  2. スタジオ経営やトレーナー、「成功する人」と「失敗する人」の決…

  3. 継続に必要なことって何だろう・・・?【Part2】

  4. スモールスタジオ・マイクロジムの入会特典について考える

  5. 痩せない、体が締まらないのは誰のせい?

  6. スモールスタジオやマイクロジムのブランディング

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。