苦し紛れのキャンペーンで経営はアップしましたか?

良くも悪くもこの時期は人が動きます。
あなたのスタジオ・ジムの集客は順調でしょうか?
今日は、集客が厳しい時にやってしまいがちな悪手についてお話します。

 

苦し紛れのキャンペーン

スタジオ・ジム経営において、レッスン料や会費を安くすることは、絶対に避けなくてはいけません。

・入会金無料+初月半額
・3ヶ月間1000円
・期間を決めないキャンペーン
などなど

 

集客が出来ないときに、破格のキャンペーン価格で広告を出すと、確かに、一時的な集客には繋がります。
しかし、その後の入会や継続には結びつきません。
(もちろん、完璧な戦略があっての場合はいいですが・・・)

 

「値段」に魅力を感じる顧客は、「価値」ではなく、常に「価格」が購入の決定要件になります。
ホットペッパーなどに出ている割引している美容院を回っている人と同じです。

 

つまり、あなたのスタジオやジムよりも「安い」ところが出来れば、キリの良い時期でそちらに移ってしまいます。
すると、それを引き留めるために更なる値引きをせざるを得なくなってしまいます。

 

また、ペルソナに合わない会員が増えれば、クレームやトラブルが多くなり、経営者はその雑務に追われ、本来すべき仕事が出来なくなります。

 

そして「価格」を下げることはあなたのスタジオ・ジムの「価値」を下げることにもつながるので、結果、さらに集客がハードになってしまいます。

 

つまり、「価格」を下げることは悪循環しか生み出さない。
危険な手法です。

 

あなたがしなくてはいけないのは、「価値を上げて価格を上げる」ことです。
苦しい時こそ、安易なキャンペーンではなく、知恵を絞ってください。

 

もしあなたが「絶対にスタジオ経営で成功したい」という強い思いがあるのなら、ぜひこのスタビズを活用し成果を上げてください。

今ならあなたのスタジオ経営に役立つレポートが無料で読めます。
「読んでみたい!」という方は、今すぐ下のバナーからどうぞ。

無料ダウンロードをされた方にだけ、ブログでは書けない、スモールスタジオ・マイクロジム経営のヒントがつまったメルマガをお届けします。
ぜひ、こちらも楽しみにしてください。

関連記事

  1. 入会させないという選択

  2. 会員さんやクライアントのニーズとあなたが提案するものにズレは…

  3. HPやチラシ、異性のチェックは超重要です

  4. フィットネス業界、価格競争の現実

  5. 体験レッスンには来るのに、入会につながらない大きな原因

  6. スタジオやジム経営でお金より大切なもの

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。