置きチラシやってますか?

チラシ。
エリアビジネスでの集客ツールとしては、非常に優れています。
もちろん、スモールスタジオ、マイクロジムなどでも同様です。

 

私たちのスタジオも、オープン前とオープン後しばらくは、相当数のチラシをまきましたし、そこから相当数の入会がありました。
チラシというと、ポスティングや折り込みが王道ですが、置きチラシというのも方法の一つとしてあります。

 

実際に近所のお店などに置いてもらっている経営者の方もいるでしょう。
この置きチラシ、反応の良いところと良くないところ、どちらの声も聞きます。

 

なぜでしょう?

 

「問い合わせしたくなるチラシ」というのが大前提としてありますが、それでも反応が悪いという場合、原因は一つ。
そのチラシに反応する人が、「そこにはいない」ということです。

 

例えば、駅前のヨガスタジオだからといって、駅前のサラリーマンの多く行くような居酒屋さんにチラシを置いてもらったところでどうでしょう?

 

ヨガスタジオだったら、基本的にはターゲットは女性。
女性が安い居酒屋さんに行かないわけではないですが、反応は限りなく無いでしょう。
それよりも、美容院やネイルサロンの方が反応は取れることは想像できますね。

 

チラシを置いてもらうお店を考えるとき、あなたが反応してほしい人はどこにいるのか?
普段どのような行動を取っているのか?
この属性がしっかりマッチした時、置きチラシがはじめて威力を発揮します。

 

もしあなたが「絶対にスタジオ経営で成功したい」という強い思いがあるのなら、ぜひこのスタビズを活用し成果を上げてください。

今ならあなたのスタジオ経営に役立つレポートが無料で読めます。
「読んでみたい!」という方は、今すぐ下のバナーからどうぞ。

無料ダウンロードをされた方にだけ、ブログでは書けない、スモールスタジオ・マイクロジム経営のヒントがつまったメルマガをお届けします。
ぜひ、こちらも楽しみにしてください。

関連記事

  1. ほんの少し目先を変えるだけで差別化になる

  2. 体験から入会しなかったときの「ガッカリ」を無くす方法

  3. 「こんなスタジオなんですよ」って説明できますか?

  4. あなた自身やあなたのスタジオのウリってなんでしょう?

  5. 痩せない、体が締まらないのは誰のせい?

  6. 新規の奪い合いで勝つ方法

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。