継続に必要なことって何だろう・・・?

つい先日、いつも3人でいらっしゃる会員さんから「今日で1年続きました~!」と、うれしいご報告をいただきました。
そこで今日は「継続」について考えたいと思います。

 

この3人の会員さん、全員ほぼ運動未経験からのスタートでした。
正直、入会間もないころは「う~ん、続くかな~~?」と心配していました。

 

うちは「お友達入会割引」みたいなものはありません。
「ありません」というより「作りません」

 

他クラブを見てみると、結構あります。
お友達と一緒に入会すればお得な感じを出していますね。
「入会のハードルを下げる」
「会員数を増やしやすい」
クラブ側の狙いも分かります。

 

でもうちは「作りません」
なぜか?

 

「私、忙しくなっちゃったから続けられなくなっちゃった」

「じゃあ私も・・・」

 

そうです。
一人がやめるともう一人もってパターンが多いです。
経験ありませんか?
もちろん全員がそのパターンとは限りませんが。

 

もう少し継続についてつっこんだ話をしていきます。
どうしたら長く続けてもらうことができるんでしょう?

 

多くの方が、目標をもって入会やトレーニングの申し込みをしてきます。
・痩せたい
・しぼりたい
・筋肉つけたい
・スタイルを良くしたい
などなど
当然ですね。

 

これらは目標の中でも、「短期目標」
つまり、「いついつまでに」とか「何ヶ月間で」というのが頭につきます。
「結果にコミット」もこれですね。

 

その目標が達成されれば終了です。
しかし、これで終わってしまっていては常に新規集客に走り回らなければいけなくなり、経営的には非常につらい。

 

ではどうするか?

 

短期目標 → 中長期目標にする

痩せる、しぼる、ボディメイクなどなど、その短期目標を、「維持し続ける」という中長期目標に変えさせなければいけません。

 

「そんなことは分かってる」
みなさん言います。
みなさんというのは、顧客も提供者の双方ともです。

 

でも分かっていないんです。
その証拠が「リバウンド」です。
これが続けなかった結果です。

 

「そんなの続けない方が悪い」ですか?
たしかにそうかもしれません。
しかし、そんな楽観的では良くありません。

 

人というのはみんな都合が良いです。
「あそこのジムに行ったんだけど全然痩せなくて・・・」

 

トレーニングのおかげで一度はしっかり痩せたにもかかわらず、運動をパッタリやめ、好きなだけ食べて元に戻ったのは自分のせい。
でもそれは棚の上の奥の方に入れちゃって、
「あそこのジムに行ったんだけど全然痩せなくて・・・」
こうなります。

 

だからこそ、あなたにとっても顧客にとっても「継続」が大切です。
いかに「短期目標」を「中長期目標」に変えていけるか、これが継続率アップの大きなカギです。

 

他にも
・接触頻度を高める
・コミュニティの形成
・居心地の良さ
などなど、継続率を高めるためにやるべきことはたくさんありますが、その話はまた今度。

ブログには書けない、より踏み込んだ内容を知りたいという方は、下のバナーからメルマガに登録してください。

関連記事

  1. 顧客対応の重要性

  2. 退会率について考えましょう

  3. スタジオやジムの会員やクライアントの継続について真剣に考えま…

  4. 入会させないという選択

  5. 継続率のナゾ

  6. 脱どんぶり勘定

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。