継続に必要なことって何だろう・・・?【Part2】

先日、継続率の上げ方について書きました。
短期目標から中期目標にシフトさせるということ。
https://school-cons.com/?p=2316

 

今日は、その最後の方にサラッと書いた他の継続率の上げ方
・接触頻度を高める
・コミュニティの形成
・居心地の良さ
これらについてお伝えしていきます。

 

接触頻度を高める

人は、接触する回数を増やすことで好印象を持ちます。
心理学のザイオンス効果です。

 

「いやいや、月に2回しか来ないから接触頻度を高めるって言っても無理だよ」
あなたは思うかもしれません。

 

たしかに、直接対面するのは月に2回かもしれません。
でも、間接的に接触するのは可能ですよね。

 

例えば
・FBやインスタ、ブログの投稿
・LINEでのやり取り
これらをマメにすることでも接触頻度は高まります。

 

「このレッスン楽しそう!」
「自分もがんばろう!」
「早く行きたいな~」
こんな風に思われればいいわけです。

 

SNSを使って新規集客というのはそれなりにテクニックが必要であったり、広告費をかける必要があります。
しかし、既存の会員やクライアントとの関係構築という使い方なら難しくない上に、その効果は絶大です。
面倒くさがらず、さっそく取り掛かりましょう。

 

コミュニティの形成

スタジオやジムに来るということは、痩せたい、しぼりたい、筋肉をつけたいといった目的があります。
せっかく共通の目的を持った人が集まるのです。

 

共通の目的を持った人同士というのは、これだけでコミュニティを形成することができます。
社交的な人というのは、上手にこのコミュニティに入っていくことができます。

 

しかし、「本当は仲良くしたいけど、なかなか入っていけなくて・・・」という方もいます。
こういった方をコミュニティにうまくなじませてあげるのがクラブ側の役割。
あなたやフロントの力量です。

 

以前からお伝えしていますが、だからこそオーナーインストラクターというのは自分のハコにいるべきなのです。
レッスンをお願いしているインストラクターにすべて丸投げ、なんてことは終わりにしましょう。
あなたがそのスタジオの顔なのですから。

 

*もちろん人によっては「独りが好き」「この人とは合わない」といったこともあります。
その見極めも重要です。

 

居心地の良さ

居心地にはハードとソフトがあります。

 

総合スポーツクラブや大きなスタジオ・ジムというのは、このハード面の充実を図っています。
ラウンジであったり、更衣室、設備などです。

 

総合型クラブや大手スタジオなどでは、レッスンやトレーニングにはほとんど出ずに、ず~っとしゃべってる会員いますね。
これ、居心地がいいからなんです。

 

現場スタッフからすると、正直反発を買ってそうな会員かもしれませんが、経営側からすれば、そういう会員は継続しています。
中には入会して何十年なんて人もいますね。
超ロイヤルカスタマーです。

 

これを考えると、大手の戦略的には成功です。
やめないんですから。

 

しかし、スモールスタジオやマイクロジムではこれは不可能。
ではどうするか?

 

何も長居させることが重要ではないのです。
事実、うちの会員さんのほとんどは、レッスン終了後10分以内には退館します。
これは居心地が悪いからではありません。

 

そういうライフスタイルの人を集めているからなのです。
他にもたくさん楽しみを持っているのです。

 

・旅行
・友達とランチ
・ショッピング
などなど

 

つまり、楽しいし週に何度も来るけど、それがすべてではない。
これが総合型スポーツクラブとの大きな違いです。

 

誰もが個々のバックグラウンド関係なく、適度な距離感で楽しむことができる。
お互いの価値観を尊重する。
こういう居心地の良さを作り上げるのもあなたの仕事です。

 

結局は・・・

スモールスタジオやマイクロジムの継続率を上げる手段というのは、そのスタジオのコンセプトであったり、ペルソナであったり、経営者の考え方であったりというものが大きく左右します。
(もちろん最高のレッスンやトレーニングを提供するというのが大前提です)

 

スモールに最新の顧客管理システムは要りません。
どうしたら「ずっとここに通いたいな」って思ってもらえるか?
まずはここからスタートです。

もしあなたが、大好きなフィットネスの仕事で、お金に苦労することなく、楽しくやっていきたいのなら、今すぐ下のバナーから詳細ページを確認してください。

関連記事

  1. 痩せない、体が締まらないのは誰のせい?

  2. スタジオ経営やトレーナー、「成功する人」と「失敗する人」の決…

  3. 会員さん・クライアントがやめてしまう前に

  4. 効果が出ないとすぐに退会?

  5. 継続率のナゾ

  6. 退会率について考えましょう

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。