ロイヤルカスタマーに頼りすぎてない?

今日のタイトル、普段と真逆のこと言っています。
いつもは単価を上げることを言っているのに、なぜ今日は・・・?

 

これには理由があります。

 

今日お伝えしたいことは、単価だけの問題ではなく、新規や継続などすべてリンクしている話です。

 

上得意客に頼りすぎてない?

「ロイヤルカスタマー」、聞いたことあると思います。
そうです。
お金をたくさん払ってくれている顧客です。
スタジオなら会員さん、ジムやトレーナーならクライアントですね。

 

あなたのところの会員さんやクライアントにもいると思います。
「高い単価のコースを長期間受けている方」です。
最高の顧客ですね。

 

こういう会員さん・クライアントがいること自体は素晴らしいです。
あなたの提供しているレッスンやトレーニングが良いものだからこその結果です。

 

しかしどうでしょう?
ある日突然退会なんてことになったら?
売上げ的には大きなダメージですね。

 

しかし、こういったことはよくある話です。
やむを得ない事情だってあります。

 

ロイヤルカスタマーは、どんな業界にもいます。
サービス業、物販、飲食業などなど、ありとあらゆるビジネスに。

 

大勢の一般の顧客がいる中でのロイヤルカスタマーはいいのです。
フィットネス業なら、平均的な金額の会員さんやクライアントがたくさんいる上で、ロイヤルカスタマーがいるならいいのです。

 

しかし現実は・・・?
新規集客もあまりうまくいってない。
既存会員もそんなに多くない。
もちろん売り上げだってずば抜けてはいない。

 

こんな状況で仮に、今月いっぱいで退会すると言われたら・・・?
ゾッとしますよね。

 

大きな売り上げ(利益)をもたらしてくれる者は、いなくなったときのダメージも大きいのです。
だから常に新しい会員さんやクライアントを入れる努力(新規集客)も、個々の底上げをする単価アップも、継続率や期間も、すべてバランスよく考える必要があるのです。

 

もしあなたが、この記事を読んで「もっと真剣に新規集客を考えないといけない」と気づいたら、こちらのセミナーにぜひ参加してください。

フィットネス業界ド素人の外部参入が、オープンわずか半年でキャンセル待ちが出るほどの集客をしたノウハウを知りたくありませんか?
集客力アップセミナー開催【特別価格の早割は3月10日まで!】

関連記事

  1. トレンド(流行)にあえて逆らうという選択

  2. 脱どんぶり勘定

  3. スモールスタジオ・マイクロジムの入会特典について考える

  4. 退会率について考えましょう

  5. HPやチラシ、異性のチェックは超重要です

  6. チェリーピッカーは要らない

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。