スタジオ・ジムやトレーナーの価格決定、それでいいの?

今日はスモールスタジオ・マイクロジムやパーソナルトレーナーの価格設定について。
売上や利益に直結する話ですので、よく読んでください。

 

今更ですが、板倉は、インストラクターでもトレーナーでもありません。
スタジオの経営者です。

 

そんな私ですが、業界調査のためもあっていろいろ検索をします。
そのため、ネットを閲覧していると業界の広告が出てきます。

 

・コンサルやセミナー
・口コミサイト
・大手トレーニングジム
・プロテインなどの物販

などなど。

 

その中で、今日入ってきたFB広告がありました。
ある業種のポータルサイトです。

 

以前もポータルサイトについては書いています。
その時の記事はこちら
https://school-cons.com/?p=2055

 

今日はそこへの登録の話ではありません。
こちらのポータルサイトを運営している会社のブログにたどり着きました。

 

そこには、いわゆる「お役立ち情報」として、「独立・開業」「マーケティング」「顧客対応」などが書いてありました。
その中の一つの記事が・・・

 

価格決定の仕方

商品やサービスの価格というのは、あなたのビジネスの利益に直結する部分。
もっとも重要なところです。

 

しかし、その「お役立ち情報(?)」には、3社の大手の金額が書いてありました。
そして、大手は広告費をたくさんかけているからこの金額。
だから、あなたはこれより少し安くしてお得感を出せばいい。

 

少し乱暴に書きましたが、ザっとこんな感じです。

 

先ほども言いましたが、価格というのは利益に直結するのです。
それを大手と比べて少し安くすればいいって・・・。
そんな安易な決め方で良いわけありません。

 

もちろん相場というのはあります。

 

しかし、その相場の中で「どうしたら最大限利益を出せる価格設定が出来るか」「どうしたら、他より高くても選ばれるサービスを提供できるか」を考えるのが経営者の仕事です。
(もちろんイケてる経営者はこのように考えているはずですし、他にも考えなければいけないことはあります)

 

おそらく、このお役立ち情報の内容が業界の常識なのでしょう。
では、この常識通りにやっていったらどうなるでしょう?

 

・大手が安くしたらあなたも安くしますか?
・ライバルが安くしたらあなたも安くしますか?

 

たしかに、戦略的な値下げでうまくいくケースはあります。
しかし、これは薄利多売や単価アップのビジネスモデルがあればの話。
個人~小規模では無理です。

 

価格設定に限らず、業界の常識や慣習だけに捉われるのはやめにしましょう。
それより、「どうしたら高く売れるか?」
知恵を絞るのがビジネスです。

 

もしあなたが「絶対にスタジオ経営やパーソナルトレーナーとして成功したい」という強い思いがあるのなら、ぜひこのスタビズを活用し成果を上げてください。

今ならあなたのスタジオ・ジム経営やトレーナー活動に役立つレポートが無料で読めます。

「読んでみたい!」という方は、今すぐ上のバナーからどうぞ。

無料ダウンロードをされた方にだけ、ブログでは書けない、スモールスタジオ・マイクロジム経営のヒントがつまったメルマガをお届けします。
ぜひ、こちらも楽しみにしてください。

関連記事

  1. スタジオを運営していく上で、急な代行って困るけど・・・

  2. 会員さんやクライアントのニーズとあなたが提案するものにズレは…

  3. もしもの時に備えてますか?

  4. 2019年度経営計画・行動計画のワークショップを開催しました…

  5. その副業うまくいってますか?

  6. スモールスタジオやマイクロジムの共同経営ってどうなの?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。