スタジオやジム開業、トレーナーとして独立。「こんなはずじゃなかった・・・」

スモールスタジオやトレーニングジムの開業や、パーソナルトレーナーとして独立には許可や免許が必要ありません。
資格といわれるものも、必ずしも必要ではありませんし、あっても民間資格。
つまり・・・

 

独立や開業が非常に簡単にできるのです。

・大手スポーツクラブの社員として働いた後に独立開業
・フリーインストラクターからスタジオ開業
・大手トレーニングジムの請負から独立
などなど

あなたはどのようにして開業や独立にいたりましたか?
いずれにしても、さほどハードルは高くなかったでしょう。

 

では、開業後の経営や運営はいかがでしょう?

 

こんなはずじゃなかった・・・

なぜでしょう?

 

あなたがすばらしいスキルの持ち主で、スポーツクラブでのレッスンはいつも満員だったとしても、そこに来ている人はクラブが集めていたのです。
パーソナルトレーニングジムでも同様です。

 

言いにくい事ですが、あなたが集めた会員さんやクライアントではなく、クラブやジムの看板で集めた人たちなのです。
クラブやジムがお金と時間と手間をかけて集めていたのです。

 

もちろん、毎回あなたのレッスンがいっぱいになっていたのは、あなたのレッスンが良いから。
これは間違いありません。
しかし、その土台を作っているのは、クラブやジムなのです。

 

良いレッスンやトレーニングをすれば人は集まる

どうしてもこのような考えになってしまいがちですが、このような思考は今すぐ捨ててください。
インストラクターにレッスンスキルが必要なのと同じように、小さなスタジオやジムの経営者やトレーナーとして独立してやっていくなら、マーケティングスキルが絶対に必要です。

 

ここをしっかり理解した経営者だけが成功できるのです。
古い考え、過去の成功体験、業界の常識にとらわれている場合ではありません。

 

あなたのライバルは日々成長しています。
さて、あなたはどうしますか?

 

もしあなたが「絶対にスタジオ経営やパーソナルトレーナーとして成功したい」という強い思いがあるのなら、ぜひこのスタビズを活用し成果を上げてください。

今ならあなたのスタジオ経営に役立つレポートが無料で読めます。
「読んでみたい!」という方は、今すぐ下のバナーからどうぞ。

無料ダウンロードをされた方にだけ、ブログでは書けない、スモールスタジオ・マイクロジム経営のヒントがつまったメルマガをお届けします。
ぜひ、こちらも楽しみにしてください。

関連記事

  1. 2020年、どうなるスモールスタジオやマイクロジム

  2. 「こんなスタジオなんですよ」って説明できますか?

  3. 個人情報、甘く考えすぎてませんか?

  4. 経営者の勉強の仕方

  5. 時間を奪われるのはお金を奪われるのと同じ

  6. 将来について考えたことありますか?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。