もしもの時に備えてますか?

今日の内容は、タイトル通り。
もしも何かあったときのために備えていますか?

この「もしも」と「備え」ですが、主にお金に関してです。

 

もしも・・・

・レッスン中に骨折をしたら?
・運動が出来ないような病気になったら?
・大地震などの災害があったら?
・新規がまったく入らずに退会が相次いだら?

どれも日常的(災害は日常的ではないですが)に起きていることです。

 

病気やけがに対して、おそらく多くの人は「保険」には加入しているでしょう。
しかしそれって十分な補償ですか?
もし十分すぎる補償にしようとするなら、毎月の保険料はものすごい金額になります。

 

過去に震災や水害などの災害に直面した方もいますよね。
このときはいかがでしたか?

 

短くても数日~数週間。
記憶に新しい東日本大震災のときなど、数ヶ月にわたって仕事にならなかった方もいるでしょう。

 

そしてこれは運営上の「もしも」ですが、思ったように新規が取れなかったり、「あれ、おかしいな」って思うほど退会続くこともあります。

 

どれが起こっても直面するのは、「売り上げの減少」
このような理由でクローズした店舗や廃業したフリーの方もいたはず。

 

では、そうならないためにはどうしたらいいのか?
この3つ以外にありません。

 

・最低でも半年は持ちこたえられるキャッシュを蓄える
・強いビジネスモデルを持つ
・収入の柱を増やす

 

「私(俺)は大丈夫」
なんて根拠のないこと言ってないで、真剣に考えましょう。

 

この3つについて真剣に考えたいというなら、こちらがおススメです。
フィットネス業向け【無料オンライン集客勉強会】をZOOMで開催中!

関連記事

  1. スモールスタジオ・マイクロジムの経営者やトレーナーは異業種交…

  2. 時間を奪われるのはお金を奪われるのと同じ

  3. スタジオ経営やトレーナー、「成功する人」と「失敗する人」の決…

  4. スタジオ・ジム経営者、フリーインストラクターの働き方を考える…

  5. スタジオやジム開業、トレーナーとして独立。「こんなはずじゃな…

  6. 小さなスタジオやジムこそマーケティングが必要

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。