ほんの少し目先を変えるだけで差別化になる

今や、ヨガスタジオなどのスモールスタジオやトレーニングジム、パーソナルトレーナーなどなど、どれも同業者やライバルがひしめく業界です。
いわゆるレッドオーシャンですね。

 

そんな状態とはいえ、大手のように莫大な広告費を投入して露出を高めるなんてことは、個人や中小には無理な話。
そうなると、ライバルのいない(少ない)マーケットを探さなくてはいけないのですが、そんなところを探すのは難しいですし、斬新なアイデアで一から作ろうとするとニーズ自体がなくなります。

 

ではどうすればいいのか?

 

ほんの少しだけ変えてみる

あなたのスタジオ・ジムやトレーニングのコンセプトだったり、レッスンメニューをほんの少しだけ変えてみることは出来ませんか?

このコンセプトやメニュー、
・誰に
・何を
・どうやって
という風に説明できますよね。

 

例えば、

・30代女性に
・ダイエットのトレーニングを
・マシンを使って指導する

・30代女性に
・5キロマイナスを目標に
・マシンを使って指導する

・会社経営者に
・ダイエットのトレーニングを
・マシンを使って指導する

・会社経営者に
・ダイエットのトレーニングを
・隙間時間で指導する

いかがですか?
ほんの少し変えるだけで「新しいコンセプト」「新しいメニュー」が出来上がります。

 

これならば、お金をかけて導入する必要もなく、ライバルとの差別化も図ることが出来ます。
もし今あなたが、「いや~ライバル多いな~」と感じているなら、ぜひこの方法を試してみてください。

もしあなたが「絶対にスタジオ経営やパーソナルトレーナーとして成功したい」という強い思いがあるのなら、ぜひこのスタビズを活用し成果を上げてください。

今ならあなたのスタジオ経営に役立つレポートが無料で読めます。
「読んでみたい!」という方は、今すぐ上のバナーからどうぞ。

無料ダウンロードをされた方にだけ、ブログでは書けない、スモールスタジオ・マイクロジム経営のヒントがつまったメルマガをお届けします。
ぜひ、こちらも楽しみにしてください。

関連記事

  1. 数字の見せ方ひとつで印象はガラッと変わる

  2. 「こんなスタジオなんですよ」って説明できますか?

  3. スモールスタジオ・マイクロジムの経営者やトレーナーは異業種交…

  4. 営業は基本的に断ったほうがいい

  5. スタジオ・ジム経営者やトレーナーのための読んでもらえる文章術…

  6. プロフィール写真、自撮りで済ませてませんか?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。